ホームサイファの部屋>汎用部品でドアロック修理



汎用部品でドアロック修理




キーレスでロックしても、左のリアドアだけ閉まらない。
動きをよく見てたら、助手席ドアも反応が若干悪い。
ドアロックアクチュエーター(モーター)が経年劣化で
だんだん動かなくなってきていると思われます。


左リアドアの内張りを外して
構造を観察してみます
純正ドアロックアクチュエーター

電圧をかけると、一瞬動こうとするが
ピクッとするだけで止まってしまう
今回使用したのは、市販の
汎用ドアロックアクチュエーター
2線式のタイプです

安いのを探せば
5〜600円/個で入手できます
汎用ドアロックアクチュエーターを
取り付けるための穴をドリルで開けます
汎用ドアロックアクチュエーターを
埋め込む位置は、現物合わせです
窓ガラスに干渉しないように注意
ロッドの動きと平行になるように
位置決めしてあります

配線は、純正アクチュエーターに行く
2本線を途中で切断して
汎用アクチュエーターの2本線と
ギボシ端子でつなぎました
ロッドへの接続完了
コードも邪魔にならない位置に固定









こちらは助手席ドア

汎用ドアロックアクチュエーターを
縦に埋め込みました
付属のステーを使っています
垂直方向に動くロッドに
連結させています







純正ドアロックアクチュエーターを新規に購入して
交換するよりも、はるかに安く修理ができました。
今回は左側のドア2枚を修理しましたが、そのうち
右側も恐らく同じ症状が出るだろうと思っています。
汎用アクチュエーターは多めに買っておきました。




(これらの製作・改造等は各自の責任で行ってください。)